会社の指示で傷病手当金の申請をおこなってから半年以上が経つ。
未だ復調の兆しは見えず、そんなこともあってメンタルがまたヘラってきた。僕にできることはなんだろう?なにもない気がする。不安に苛まれながら今はひたすら高認試験の勉強に取り組み、11月の試験に万全を期すべし。

とはいうものの、毎日下痢では痔瘻が再発してしまい、椅子に座っていることができない。というわけで、今は試験的に一日二食の食生活を送っている。朝晩をやったことはあるが、今やってるのは朝昼だ。思い返してみると、高校在学中の頃も試行錯誤の末に夕食を抜いていた気がする。当時は回盲部に狭窄がありとにかく腹痛が酷かったので、それが効果的だったかは定かではない。だがクローン病だと確定診断されて心が折れるまでは留年しつつも時々は出席していたわけで、その儀式的な行為がある種の動機づけにはなっていたのかもしれない。

効果なんて無くていい。夕食抜いたんだから、勉強頑張ろう。そういう心構えでも今はいいともう。何もできないよりはマシだ。